にんにく卵黄で病気を予防|生活習慣病ストップ

シニア

摂取方法と効果の話です

調味料

料理に活用します

黒酢は健康を保つ積極的に摂取したい食品と言えます。しかし、実際に黒酢の摂取に抵抗がある人も多いのも事実です。サプリメントで飲みやすくするという方法もありますが、黒酢そのものを摂取するよりは体内の吸収率の関係で、どうしても健康効果が落ちやすくなるのも事実です。そのため、黒酢をアレンジすることで摂取しやすくする方法があります。まずは料理に使用することです。例えば、酢豚や南蛮漬けなどの酢を必要とする料理に使用すると抵抗なく摂取することができる上、料理としての美味しさも増すことが考えられます。また、ドレッシングとして活用したり、ドレッシングの一部として使用する方法もあります。このように、料理に利用することで摂取しやすくなります。

生活習慣病予防ができます

そもそも黒酢には様々な健康を促す効果があります。具体的には血圧を安定させる効果、血液をサラサラにする効果、抗酸化効果、疲労回復、大腸がん予防効果などが挙げられます。特に注目すべきなのが血圧の安定効果と血液をサラサラにする効果です。酢そのものに血圧を安定させる効果はあるとされていますが、黒酢はその中でも最もその効果があるとされています。そのため、高血圧予防や高血圧の改善に効果のあるものと言えます。また、血液をサラサラにする効果に関しては血液がドロドロがゆえに起こりやすくなる脳梗塞や心筋梗塞等の予防になることが考えられます。したがって、同様の効果があるDHAやEPAと併せて摂取したい食品と言うことが言えます。